• オール電化・太陽光発電ご対応エリアの確認は「コチラ」よりどうぞ
もっと身近に!太陽光発電システム

停電時も安心

太陽光発電システムは自宅で電気を作ることができるので、もし災害などで電気の供給がストップしても、太陽光発電システムがあれば昼間の時間帯は電気を使うことができるので、一つの安心として備えることができます。

 

太陽光発電の自立運転モード

太陽光発電は、自分の家の屋根に設置した太陽光パネルに光が当たることで電気を作り出すことができます。そのため、停電時など電線を通じて電気が届かない状態でも電気を使用することができます。

停電時に発電できる太陽光発電の電力

天候や時間帯などにより太陽光発電で発電できる電力には違いがありますが、自立運転にすることで、専用コンセントを通じてAC100Vが使用できます。(最大1.5kWhまで)

この電力を上手に活用すれば様々な電化製品を使用することができます。特にテレビやラジオといった災害情報などを確認することができる家電製品が使える他、水があればお米を炊いたりすることもできます。

太陽光発電システムが発電できる電気量は1kWhのシステムを導入した場合でおよそ800Wくらいですので、標準的な3kWhのシステムの場合は、およそ2400Wほどの電力を作ることができます。(最も災害時に使用できるのは最大1500Wまでですが)

なお、一般的な家電製品の消費電力は以下の通りです。(消費電力はお使いの家電製品により異なります。実際にご利用になる際は、家電製品の裏面などに記載されている消費電力の項目をご覧ください)

・冷蔵庫:150-600W
・トースター:1000W
・電子レンジ:1300W
・炊飯器:1300W(炊飯時)
・コタツ:600W
・ハロゲンヒーター:500-1000W
・液晶テレビ:150W
・ノートパソコン:50-150W など

 

停電時の太陽光発電電力供給のしくみ

通常、電力会社から送られてくる電気は電線を経由して自宅の屋内分電版を通り、そこから家庭中のコンセントに電力を供給しています。しかし、停電した場合、ここまで電気が通ってきません。
太陽光発電が設置してある住宅の場合、太陽光発電モジュール(パネル)を通じて発電された電気がパワーコンディショナーに通ってきます。
平常時の場合(停電時以外)は、ここから屋内分電版に電気が送られますが、停電しているためこちらに電気を送ることはできません。

そのため、パワーコンディショナーに接続してある自立運転用コンセントまで電気が送られます。停電時はこの「自立運転用コンセント」にプラグを指すことで発電量に応じて電気を使うことができます。

太陽光発電システムの非常用電源の使い方
災害により長時間停電となった場合でも、太陽光発電システムの「自立運転機能」を使う事で、電力を最大1500Wまで利用することができます。
詳しくは「太陽光発電の賢い使い方(PDFファイル・環境省)」をご参照下さい

 

太陽光発電無料お見積 ・切妻屋根南面1面への設置
・スレート屋根の場合
※設置条件によりモジュールの枚数および価格は異なります。詳しくは上記のお見積ボタンよりご連絡下さい。無料でお見積いたします。
・標準工事費に「足場代」は含まれません。

 

 

 

 

 

オール電化・太陽光発電お見積コーナー

オール電化のお問い合わせ・お見積

IHクッキングヒーターやエコキュートなど、オール電化の導入をご検討されている方はコチラ。オール電化設置の無料診断・お見積をいたします。

太陽光発電のお問い合わせ・お見積

話題の太陽光発電のご相談、設置診断、無料お見積はコチラからどうぞ。太陽光発電専門スタッフが親切丁寧にご説明いたします。

リフォームのお問い合わせ・お見積

キッチンリフォームから、お風呂のリフォーム、内窓サッシの取り付けまで。ご相談・お見積依頼はコチラ。

オール電化光熱費無料試算

オール電化にすることで、いくらくらい光熱費が安くなるのかを無料試算。お手元に電気代・ガス代・灯油代の領収書をご用意の上ご利用下さい。

 

太陽光発電・オール電化特別商材


オール電化・太陽光発電ガイド


お問い合わせ・関連情報

IHクッキングヒーター
エコキュート
太陽光発電
エコ内窓「プラマードU」